うむり(´ρ`)

何が悪いか

車道と歩道

車道は文字通り、車の走る道
歩道は文字通り、人の歩く道

車道に飛び出してきた歩行者に、車道を走る車が衝突した場合、車が悪い。
という理屈の意味がわからん。アホか。
自動車は、速度による距離の差はあれ、停止開始位置で停止は不可能だ。
物理の基礎知識さえあれば証明できる程度のものだ。
そして、自動車が急に止まれないことは幼稚園から小学校から習っており、警察関連の標語でもたくさんのものが街中で目につく。
つまり、車道に出れば危ないということは最初からわかっている。

なのに、事故の場合は車が悪くなる。
意味不明デス。

例えばだ、料理中、包丁で野菜を切っている時に誤って指を切ってしまった場合、包丁が悪いか?
料理をしている人間のミスだろう。
包丁製造メーカーに損害賠償を求めるか?
しないだろう。
自分が悪いと分かっているのだからナ。

それと同じだと思うんだ。

・車は急に止まれない
・歩行者は横断歩道や歩道橋を利用する
・生身で車に衝突すれば怪我をする危険がある

この程度の常識やルールを無視し、車道に出て車にはねられた場合は
歩行者が悪いと思う。
過失100%だろう。
ただの自殺行為でしかない。


交通弱者保護
という言葉があるが、とても腐った言葉だと思う。
決められたルールを守っている場合は良いが、守らなかった場合でも交通弱者は交通弱者となる。
これはおかしい。
前提となるルールを守らない時点で弱者ではない。
自動車の運転者を犯罪者に仕立て上げ、その家族や会社などに迷惑をかける事故誘発の悪因だ。
それで事故が起きたら、結果として自動車運転者が「弱者」にされてしまう。
じゃあその出来上がった「弱者」も保護してみろよ!と言いたい。
原因は何か? ということを無視してたら何の解決にもならんわ。


悪いこと、悪いものを、「悪い」にしない理由がさっぱりわかりません。
[PR]
by garnet_y7 | 2012-10-14 23:44 |

うむり(´ρ`)
by garnet_y7
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな